【草津市 不動産売却相談専門ページ】実家・空き家、古い物件の売却なら
リライト不動産

【2023年5月】草津市 土地売却相場・動向レポート

2023年5月更新版の、草津市の土地売却相場の最新動向についてまとめたページです。

TOPページへ

1.草津市 4月の売却相場・動向の概要

草津市における、4月度の土地売却相場・動向データを解析して導き出した、主なトピックは以下です。

項目 2023年4月 概要
売り時か? 売り時です
売却相場
(仲介)
1,531万円
売却相場
(買取)
1,072万円
価格動向 約1.6%下降
売れやすい特徴 駅徒歩20分圏内の200㎡以下

2.草津市 売却価格と売りやすい立地・条件の推移の分析

草津市の土地売却価格相場・動向の全体感の推移を分析してみました。
結論、100㎡以下のやや狭い土地から250㎡の広い土地まで、幅広い価格帯の土地に引き合いがあって売り易いという意味で、売り時と言えます。
加えて、立地・条件を見ると二世帯住宅などにも活用可能な150㎡以上の比較的広い土地が活発に取引されています。

2-1.草津市で取引された土地のここ半年の売却(販売)価格相場推移の分析

【表 ここ半年の土地の売却(販売)価格相場推移(単位:万円/月)】
今これくらいで売れています(4月実績)
  • 仲介 1,531万円で売れました
  • 買取 1,072万円で売れました

ここ半年の売却(販売)価格相場の推移について月単位のグラフで整理しました。半年前に比べて売却価格約0.9%上昇、先月比で約1.6%下降しています。
12月、2月、3月と比べ売却価格相場が大きく下落している様に見えますが、物件の市場価値が落ちたわけではなく、㎡単価が高い物件から安い物件まで幅広い価格帯の物件が取引された結果、平均売却価格が押し下げられただけなので、深刻に捉える必要はありません。

詳しく述べると草津市の土地はここ半年間平均的に㎡単価8.67万程度で取引されており、その価格帯の土地が継続的に売れていつつも、12月、2月、3月はそれを上回る㎡単価が9.22万円程度の比較的高めの土地の取引が増加したため、平均売却価格が押し上がりグラフが上に振れています。
また、特に12月はここ半年の中で最も㎡単価が高い土地が取引されたため、売却価格相場が最高値となりました。
一方、11月、1月、4月の売却価格相場が下落している理由は、ここ半年間の平均と比べて「㎡単価が低い土地」が多く取引されたものによります。

加えて、前年4月と比較すると平均売却価格は約16.5%上昇していて、土地価格相場は底が上がっているような状況です。

これらをあわせて鑑みると、4月の下落は市況の落ち込みを示すものではなく逆に「幅広い価格帯の土地が売れている」という事を示していると考えられます。

2-2.草津市で売りやすい土地の立地・条件の推移の分析

草津市のデータから売れ筋の土地の立地・条件のデータだけを集めて、ここ半年とその前の半年間の条件を比較し、動向の推移をまとめました。
駅徒歩の平均分数はほぼ変わらない状態ですが、半年前と比べ土地面積が狭くなっています。
特に4月は、2,000万円以下の駅徒歩20分圏内の土地に需要がありました。

【草津市で売れる土地の立地・条件の推移】
立地・
条件
ここ半年 その前の
半年間
駅徒歩
(平均)
19.5分 19.6分 -0.08分
広さ
(平均)
185.07㎡ 186.97㎡ -1.9㎡(-1.0%)
最寄駅 草津(滋賀)/南草津 草津(滋賀)/南草津

3.草津市 4月の売却相場・動向の解説

ここでは、4月の土地売却相場・動向を解説します。

以下3つのポイントを軸に、4月の土地売却相場・動向について解説します。

  1. 先月比で成約件数は約100%上昇、売却価格は約1.6%下降。
  2. 4月は「200㎡以下/徒歩25分圏内」の土地が比較的多めに取引されました。
  3. 野路町で物件をお探しの方がいらっしゃいます!

3-1.成約件数・売却価格の動向を解説

成約件数は約100%上昇、物件当たりの平均売却価格は約1.6%上昇しています。
成約件数が4件と先月の2件より増加しつつも取引価格が下降した要因は、㎡単価が先月に比べ下落したことが考えられます。
これは、狭い土地から広い土地まで、幅広い価格帯の土地取引が行われたためです。

3月と4月に売却された物件の中身を比較すると、3月の㎡単価は約8.77万円、4月の㎡単価は約8.11万円と0.6万円程下落しています。
1月~3月は引っ越しシーズンと重なり、通勤・通学に便利な駅徒歩10分以内の㎡単価が高い土地が取引されやすい傾向にあります。一方、4月は㎡単価が低い「駅徒歩15分圏外の土地」の取引が活発で、「駅からやや離れている価格を抑えた土地」の需要が高まりました。ゆえに㎡単価が下落しているのです。

また「㎡単価」以外の側面から見ると、草津市は、京都府や大阪府へのアクセスの便利さや琵琶湖をはじめとする豊かな自然環境が評価され、全国の「住みよさランキング2022」で第38位、近畿ブロックでは第3位にランクインしています。
実際に「令和2年国勢調査」では全国的に人口が減少している中、滋賀県は微増の傾向を示しており、特に草津市は子育て世代や働き世代からの人気が高いこともあり滋賀県内で最も人口が増えている地域となっています。

その結果、滋賀県内の住宅地全体の平均公示地価が15年連続下落している中にあって、草津市、守山市、栗東市、野洲市の4市のみ令和5年に上昇に転じており、草津市は4市の中で最も高い1.7%の上昇率を記録しました。(「令和5年地価公示」国土交通省)
更に、草津市は商業地でも2.5%の滋賀県内で最も高い上昇率を記録しており、住宅地・商業地ともに盛り上がりをみせていることがわかります。

全体で振り返ると、4月の売却価格相場が下落した理由は「駅から少し遠い、㎡単価の安い土地」の取引が多かっただけなので、草津市に対する子育て世代や働き世代からの人気が衰えておらず、市場は底堅く推移すると考えられます。

以上のことから、草津市の土地需要は堅調で値崩れなく、幅広い立地・条件の土地が売り易い時期なので、現時点では「売り時」と判断しています。
今後の値上がりを期待して保持するのもひとつの手ですが、不動産価格は様々な要因で大きく変動するため予測することが難しいので、慎重に検討をしてください。

3-2.取引された土地の立地・条件の動向を解説

弊社が把握している、草津市内で取引された土地の立地・条件を分析すると、「草津(滋賀)駅」を最寄りとする200㎡以下で2,000万円以下、駅徒歩25分圏内の物件が人気でした。

「草津(滋賀)駅」や「南草津駅」から近い土地は利便性の良さからも土地の価格が住宅地・商業地ともに値上がりの傾向を見せており、予算との兼ね合いなどの理由から「駅から少し遠い、㎡単価の安い土地」の取引が増加傾向にあると考えられます。

売却期間も6ヵ月以内に売却が決まっているケースが多く、取引が比較的活発に行われていることがわかります。

最寄り駅
草津(滋賀)駅 3件
南草津駅 1件
土地面積
~150㎡ 1件
150~200㎡ 1件
200~250㎡ 1件
250㎡以上 1件
駅徒歩
15分圏内 1件
20分圏内 1件
25分圏内 2件
売却価格
~1,000万円 2件
~2,000万円 1件
~3,000万円 1件
売却期間
~3ヵ月 1件
~6ヵ月 2件
~12ヵ月 1件

3-3.草津市で土地をお探しのお客様の事例

草津市で土地をお探しのお客様の事例を1つご紹介します。実際のニーズから売却相場の動向を具体的にイメージしてください。

4.草津市 これからの売却相場・動向の予測

ずばり!

基本的に
草津市の土地への需要は継続する見込みで、値崩れもなく幅広い立地・条件の土地が売り易い時期が続くと考えられます。
・駅徒歩20分圏内、かつ200㎡以下の土地は継続的に人気を維持していきそうです。
・駅徒歩20分圏外の土地も取引される傾向が続いており、一概に駅から遠い土地が売れにくいとは言えない状態が続くと考えられます。

詳細解説

※本記事は、不動産流通機構、市役所等から発行されてる公的な資料、弊社およびその取引先より聴取した内容をもとに、弊社社員の見解をレポートしたものです。現在および将来の動向について約束するものではありませんので、ご理解の程、宜しくお願いします。

関連記事

TOPページへ

しつこい営業なし!
査定・相談は無料!

「他では売れなかった物件」でも、
売却できます!

受付時間:10:00~18:00 定休日:水曜日
メールで無料相談する
お電話でのお問い合わせ
営業時間:10:00~18:00 ※定休日:毎週水曜日
0120-939-060